旅行者が求めるものとは

各国・エリア間での渡航・移動制限が解除され始めてから数週間が経過し、旅行需要には徐々に回復の兆しが見え始めました。状況が改善すれば、すぐにでも旅行をしたいと思っている人は大勢います。旅への人々の想いは変わっていません。いまだ先行き不透明な状況は続いており、現在も150 か国以上の国が海外からの渡航者の入国を制限しています。また、新型コロナウイルス感染拡大のニュースは今も各メディアで大きく取り上げられています。

このような中、宿泊施設を成功へと導くカギとはなんでしょうか?まずは、旅行市場で最初に動きを見せるのはどの層なのか、そして彼らの予約タイミングや予約方法を把握することです。本レポートを、貴施設の成功にご活用ください。新しい予約行動に対応する方法や、差別化により競合施設をリードするための 12 のポイントなど、有益な情報をご提供します。 

34,000 人の旅行者データ 

すべての主要な消費者グループから調査対象を抽出

13 か国 

世界の主要マーケットから旅行者心理に関する情報を収集

125 を超える新事実

他では手に入らない旅行者インサイトと分析データをご提供

6 か月以内にホテルまたはバケーションレンタルを予約する予定がある旅行者の割合

旅行需要の回復時期は ?

弊社のアンケート調査によると回答者の 57% が 6 か月以内に旅行を予約する予定です。加えて、34% は 3 か月以内に予約すると回答しています。これは喜ばしいニュースではありますが、同時に懸念点も浮かび上がります。従来の予約行動は著しく変化しているためです。本レポートでは、まず旅行を再開する層について考察し、その旅行のタイプ、予約と宿泊の行動パターンを明らかにしていきます。 

 

レポートを入手する

10 人中 7 人が旅行会社経由の予約を希望

新しい予約行動に対応する方法は ?

不安が広がるなか、予約から滞在までのリードタイムに両極化が見られるのは当然の結果と言えましょう。この傾向は、国内旅行へのシフトによりさらに加速しました。国内旅行者の検索・予約行動は、これからの旅行業界に大きなチャンスをもたらすものですが、また不利につながる可能性もあります。レポートは、予約から宿泊までのリードタイムの変化や、予約の際に意外にも旅行者がもっとも重視する点、差別化により競合をリードする方法について網羅しています。 

 

競合をリードする方法を見る

宿泊期間を延長する可能性があると回答した旅行者の割合

収益増を後押しする方法は ?

旅行をとり巻く環境は変化していますが、希望の光も見え始めています。折にふれ人々は旅行したいと感じており、適切なアプローチ次第では長期滞在も考えています。ただし選択基準はこれまで以上に厳しいものとなりました。市場競争の激化により以前と同じ予算でも、より多くの選択肢から選べる今、旅行者は希望通りの特定のプロダクトを求めています。レポートでは、長期予約につながる要因、それぞれのお客様にご満足いただける顧客体験の実現方法、収益増に向けた新しい事業戦略について考察しています。 

 

レポートを入手する

レポート全文を入手して旅行者の最新ニーズを把握してください

ご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。